非常用自家発電について

今日も暑い・・・。

電気予報をみたら、うちのある関西電力管内では電気使用率は94%です。

私が見る限りでは今までで一番高い!です・・・。

やっぱり電力は全国的にぎりぎり綱渡り状態なのかしら(ーー;)

 

関西電力によると、長期運転休止中の火力発電所5基を再稼働するんだそうです。

現在定期検査中の原発を運転再開できない状態が続くと、来年2月には関電の原発全11基が定検などのために停止してしますからなんだそうで・・・。

原発がないと電気は足りなくなってしまうのでしょうが、火力発電所がつかえるなら最初から使えばいいのに・・・と言う気にもなりますね~(○ ̄ ~  ̄○;)

 

どっちにしても、電気に対する備えは必要だと感じるのです。

自家発電という手もあるけど、通常用まではいいわ~という人も、非常用自家発電なら導入を考えてみてもいいかもしれませんね。

電気が足りなかったり止まってしまったとき、災害時にだけ非常用自家発電が使えたらとても便利だと思います。

 

まだまだ通常用の自家発電はコストがかかるし・・・。

非常用自家発電なら低コストで導入できそうですね。

 

電気が止まったら、本当にいろんな困ったことが出てきてしまいます。

いざというときのために非常用自家発電があったらいいなあと思います。

国がさっさと動かないなら、自分の身は自分で守らないとね。

 

 

 

Leave a Reply